2022.11.26 麦酒好きおじさんのおススメの山小屋ごはん!

最も楽しみにする山の楽しみの一つ「山メシ」

山を楽しむ楽しみ方は人それぞれ、自然の中を歩くのを楽しむ・植物や花を愛でる・景色を楽しむ・山頂に到着することを楽しむ、色々あると思いますが、その一つで山頂や自然の中で食べる事ができる「山ごはん」を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
山で食事を食べる方法は2パターン。一つは自分たちで用意する方法。おにぎり・サンドイッチなどを持参したり、バーナー・調理器具などを持参して即席麵や炊飯をする。もう一つは山にある山小屋や売店を利用して食事をする方法があります。

荷物も手間もいらない山小屋ごはん

山小屋や売店で食事を取る場合は、食事そのものや食材・調理器具などを持参する必要がないため、荷物を軽くすることができるメリットがあります。ただ、山中にある山小屋の営業時間を良く確認しましょう。平日はやっていない、冬季閉鎖・時期的に閉じている場所があるなど、営業していないケースがあります。事前に把握できない場合もよくあるので、「念のため」営業していない事を想定して食事は持参する方が無難なのでご注意ください。
とはいえ、荷物が軽くできなかったとしても、着いた後にすぐに缶ビールを飲みながらお食事を待つことができる山小屋・売店でのご飯は私にとっても最高の選択肢です。今回は、山小屋・売店の中でも「日帰りでも可能×山小屋で食べる山メシ」に絞って、私が今まで食べた中で最高だった3つのメシをご紹介したいと思います。

今回ご紹介する3か所の山小屋・売店はこちらになります。
東京都(奥高尾)
 景信山/三角点かげ信小屋/なめこうどん・山菜てんぷら
長野県(南アルプス北端)
 入笠山/マナスル山荘/ビーフシチュー
長野県・富山県(後立山連峰)
 爺ヶ岳/種池山荘/窯焼きピザ
すべてめっちゃくちゃ、美味しかった食事なので、ランキングではなく神スリーという形でのご紹介です。
※メニュー等は私が訪れた当時のものになります。最新と違う場合もあるのでご容赦ください。

人生最高のなめこうどん@景信山

このうどんに出会ったのは陣馬山~景信山~城山~高尾山への裏高尾縦走ルートに学生時代の同級生と3人で呑べぇルートと称し、各小屋で飲み歩く企画登山に行った時でした。予想以上に縦走ルートが長く、疲れたー!やっと半分かー!ってなっているところで到着したのが景信山の「三角点かげ信小屋」でした。 3人全員で注文したなめこうどんは最初正直「なめこ…」と思ってしまった位、本命ではなく、お肉や山菜そばうどんなど、を期待していました。しかし食べ始めて3人が揃って絶句からの「超うめぇ!」に変心。みそベースのいわゆるなめこ汁にうどんが入っているのだと思いますが、なめこが天然なのか、見たこともないビッグサイズ!さらにそこから出るダシが疲れたからだに染み込むこと!薬味のネギ・七味もトッピングしましたが、それがなくてもいいくらい、味の濃いなめこうどんで本当にビックリ。イメージしていたなめこうどんと違ったので後から色々調べたら裏高尾の「名物」とのこと。 なるほど。納得。そりゃそうだ。

うどんとは別の窓口で別注文させて頂いた山菜天ぷらもサクサクでうどんとの相性も良かったです。絶品うどん×贅沢天ぷら×缶ビールでさいこーの食事でした! その後、茶屋だけでなく平地でもあの「なめこうどん」が食べたくて頼んでみましたが、今のところ景信山で食べた「なめこうどん」を超えるものはなく、もう一度食べたいと思うNO1の山小屋メシになりました。 おススメです!

北アルプスの稜線で食す窯焼き本格ピッツア@種池山荘

絶品ピッツアに出会ったのは、会社の同僚4人で行った爺ヶ岳へのテント泊登山。人生初めての北アルプスだった私達は泊りでしたが、健脚者の方は日帰りでピストンする方や、鹿島槍ヶ岳まで足を延ばす為、より奥の冷池山荘に泊まる方も多く、種池山荘やテント場で泊まらない方でも注文可能な名物料理です。※限定○食など、制限もあるようなのでご注意。出会ったルートは黒部ダムへの長野側からの入口、扇沢~種池山荘経由で爺ヶ岳に向かう柏新道登山道の途中にある種池山荘にて。扇沢から登るルートは整備されているものの登山口~種池山荘まで約1000mの標高を上げる平均的な斜度も高いルート。テント泊なので、5時間ひたすら黙々とじっくりゆっくり登り続けた後、種池山荘が見えた瞬間「やった!やっとついた!」「ピザ食べれる~!!!」となったのを良く覚えています。一番搾りの缶ビール500mlと共に、4人で4枚のピザを注文して、焼きあがるまでの間は10~20分位。1本目のビールはさらりと飲み干してしまった為、焼き上がりと同時にもう1本ビールを追加。笑 ミックスピザとチーズピザ、結構なボリュームもあり、2人で1枚でも十分な量かな…とも思いましたが、窯焼きの本格ピザは平地のそれとも遜色なくめっちゃ美味しい! 疲労と空腹もあったのか全員一気にペロリと食べれてしまいました。

こんな標高の高い山小屋でこんな本格的なピザを食べられるとは。非常に貴重な食事という点では間違いなくNO1。北アルプス初めてだったので、これが当たり前にならないように気を付けなきゃなと思ったピザでした!

人生初めての山小屋メシ・絶品ビーフシチュー@入笠山

このルートは登山を始めた1年後位、会社の後輩であり山登りの先輩である同僚とかみさんの3人で絶景ハントと絶品山小屋メシを食べに行くというコンセプトで入笠山に行った時に出会いました。雑誌などにも特集されているマナスル山荘のビーフシチュー。予約できると聞いてゴンドラに乗る前に予約電話をした上で、富士見パノラマリゾート~ゴンドラでラクラク標高獲得~入笠湿原~入笠山に上るルート上で湿原を越えた先にあるマナスル山荘へ。入笠山には名物がたくさん。山頂名物の360度viewは当日残念ながら天候が悪く拝めずでしたが、お花畑、入笠湿原などなど。マナスルのビーフシチューも名物のひとつ。生ビールと共に頂いた贅沢ビーフシチューは鉄鍋でじっくり煮込まれていてお肉はホロホロで最高。デミグラスソースをまとったキノコも美味しかった~。そして自分達が食べている中、予約なしでビーフシチューは完売。ビーフシチューを目当てに行く方は注意してください。でもビーフシチュー以外のメニューも豊富でカフェのように焼き立てパンとコーヒーなんかも最高だろうなと思いました。

入笠山・マナスル山荘に行く以前は、低山・売店小屋なしの低山を中心に登っていたため、お昼ご飯はとにかくおにぎり🍙の1択。それはそれで山効果でめちゃくちゃ美味しかったんですが、始めて食べた山小屋メシは今までとは完全に比較にならず。そりゃそーだ。 山小屋や売店・茶屋があるならそこで食事を楽しむのもいいね!って気づきをくれたのがマナスル山荘でした!

まとめ

今回の記事ではおススメの山小屋メシ3選をお伝えしました。
この他にも八ヶ岳やアルプス、その他でも美味しい山小屋メシが食べられるところがたくさんあります。あくまでも私が行った中でのおススメで紹介させて頂きました。 かげ信小屋のなめこうどんはここ以上のなめこうどんに出会ったことがないというポイント、種池山荘のピザはアルプスの稜線・絶景を見ながら食べられる絶品ピザという贅沢なポイント、マナスル山荘のビーフシチューは行く行程のお気軽感×絶品料理というポイントで紹介させて頂きました! 今後も色々な山小屋メシを食べて、3選から5選、10選と増やしていけるように名物メシを食べ歩いていこうと思います!

買ってよかったヘビロテ山グッズ

クッカー・バーナー

ジェットボイル・ミニモ

JET BOIL MINIMOを楽天市場で見る
※スポンサーlink

トレッキングポール

ワイルドスピリッツレビュー

軽量カーボン×コスパ優秀Wild Spiritを楽天市場で見る ※スポンサーlink